Uber Eatsウーバーイーツ配達員になろう

Uber Eatsウーバーイーツ配達員 副業・アルバイトとしてのメリット・デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員 副業としてのメリット・デメリット

ウーバーイーツの配達員は、これまでにない新しい働き方ができる職業として、副業・アルバイトではじめる人が年々増えています。そんなウーバーイーツのメリットとデメリットをあげてみましたので、これからウーバーイーツの配達員を目指す方は参考にしてみてください。

Uber Eatsウーバーイーツ配達員のメリット・デメリット

ウーバーイーツ配達員は、副業やアルバイトとして考えた場合、従来の働き方と比べ圧倒的にメリットが多いです。最大のメリットは働く時間を自由に選べることです。会社勤めの会社員・サラリーマンでも副業が可能な会社も増え、ウーバーイーツ配達員は、副業・アルバイトの第一候補にあがる程おすすめの職種になっています。

メリット

働く時間を自由に選べる
指定された場所・定めらた時間まで働く従来と違い、働くエリア・時間を自由に選べる。体調不良・急な予定が入っても柔軟に対応できる新しい働き方ができる。

報酬は完全歩合制
報酬は配達した回数に応じてもらう完全歩合制。がんばった人・サボった人でも報酬が一律という不公平感がなく、がんばって配達した分だけ報酬が得られる。

採用面接・履歴書不要
ウーバーイーツ配達員の登録は、必要情報・本人確認書類は全てオンラインで提出・申請。面倒な面接・履歴書作成の手間がない。
※オンライン登録申請後は、Uberパートナーセンターに行ってウーバーバッグの受取りやアプリの使い方など簡単な手続きは必要です。(2020年4月現在、パートナーセンターが休業中のため、全てオンラインで完結するようになっています

報酬が週払い
働いてから報酬が振り込まれるまでの期間が短く、急にお金が必要になった時に非常に助かる報酬システム。

服装・髪型自由
他人を不快にさせない清潔な身なりであれば、どんな格好でも問題ない。

いつでも辞めれる
職場の責任者に辞めることをわざわざ伝えなくていい。かついつでも再開できる。


デメリット

働ける地域が限定される
ウーバーイーツの対応エリアは順次拡大中だが、それでも日本全国に対応はしていない。エリア対象外なら配達員になることができない。
ウーバーイーツ公式ページにアクセスして配達する住所を入力すると、配達対象エリアか未対応エリアか確認できます。

確定申告が必要になる
個人事業主扱いとなるため、年間で一定の報酬を受け取った場合は自身で確定申告が必要。

事故をした時の補償がない※
従来の対人・対物賠償責任の保険に加えて、2019年10月から配達中の事故で自身が傷害を負った場合に、医療費や入院費などの見舞金が補償されるようになりました

ウーバーイーツ配達員を副業やアルバイトとして働くのであれば、実に多くのメリットがあります。ただ残念なことに配達対応エリアが都市圏が中心のため、自分の住んでいるいる地域がサービス未対応であれば、配達員として働くことができません。順次対応エリアを拡充していますが、全国対応にはまだまだ時間がかかるでしょう。

サービス対応エリアの調べ方
ウーバーイーツ公式ページにアクセスして配達する住所を入力すると、配達対象エリアか未対応エリアか確認できます。

自分の住んでいる地域が対応エリアであれば、ウーバーイーツ配達員として働いてみてはどうですか。ウーバーイーツ配達員はポイントサイトを経由して登録する方が断然お得です。

Uber Eatsウーバーイーツ配達員・パートナー登録におすすめのポイントサイト

ウーバーイーツ配達員をするならポイントサイトを経由して登録すれば、現金に交換できるポイントがもらえます。現在高額ポイントが還元されるモッピーECナビがおすすめです。
モッピーは『国内で最も稼げるポイントサイト』として知られ、今後も長く使っていくなら断然モッピーがおすすめです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員・パートナー登録はモッピー

moppyモッピー
ウーバーイーツ配達員登録で、最大12,000ポイント(12,000円相当)獲得!


会員数700万人国内最大級のポイントサイト
案件数がとにかく豊富でポイントが貯めやすい
楽天市場・Yahoo!ショッピングでもポイントがもらえる(ポイント:購入金額の1%

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録で高額ポイント獲得できるECナビ

ECナビ
ウーバーイーツ配達員登録で、170,000ポイント(17,000円相当)獲得!


会員数600万人・運営歴14年以上の老舗
高額ポイント案件が多い
楽天市場・Yahoo!ショッピングでもポイントがもらえる(ポイント:購入金額の0.6%


関連記事
ウーバーイーツ配達員になる前に確認しておく5つのこと